髪飾りに関する特集

かんざしの使い方

縄文時代から長い歴史のあるかんざし。
着物などの和装にはもちろん、普段着にも使用できる魅力がかんざしにはあります。
こちらでは、かんざしの簡単な使い方をご紹介しますので、手軽なヘアアクセサリーとしてご利用になってみてはいかがでしょうか。

かんざしの使い方(右利き用)

1・左手で髪を一つに束ねます。
2・髪を根元からしっかりと、時計周りに数回ねじります.。
3・左手で、毛束の先の方をつまみます。
4・頭皮から指2本分離した毛束の真ん中の上からかんざしを刺します。
5・左手で持っている毛束の先を頭皮につけ、かんざしを毛束の外側を通るように回転させます。
6・先端が左斜めになっているので、かんざしの先が右下に向くように頭皮をなぞりながらひっくり返します。
7・地肌に沿って右下に刺し込んで出来上がりです。

かんざしのアレンジ方法

「髪に動きがないからかんざしが刺せない」「髪の量が少なくかんざしが抜けてしまう」という方もいらっしゃるかと思います。
そんな方のため、ヘアアイロンを使ったかんざしアレンジ方法をご紹介します。
1・髪に動きを出すため、ヘアアイロンで先端部分を巻いていきます。
動きをつけるためのヘアアイロンですので、毛先全体が巻けていれば問題ありません。
ヘアアイロンをすることで毛先に動きが出て、仕上がりが華やかになります。
2・髪全体にツヤ感のあるヘアワックスをつけていきます。
ツヤ感のあるヘアワックスを使うことで髪がまとまりやすくなり、ツヤ感が出てキレイな仕上がりになります。くせ毛の方にも最適です。
3・髪の裏側からヘアワックスを全体的に広げていきます。この時、髪の内側の部分も忘れずにつけるようにしましょう。
その後は、上記の【かんざしの使い方】と同様です。

当店では、通販で香るかんざしをご紹介しております。
留袖や振袖、訪問着にも最適ですので、是非ご利用になってみてはいかがでしょうか。

Return Top