髪飾りに関する特集

着物で結婚式に出席するときのマナー

結婚式に招待されたときには、着物を着て出席してみたいと思う女性は多いのではないでしょうか。
現代は着物を着る機会が少なく、結婚式では服装のマナーを守ることが大切です。

気をつけたいポイント

着物で結婚式に出席するときのマナー

《事前に着物で出席することを相談》
相談することは、もちろんですが、振袖の着用率が下がっている現代において、安易にドレスを着用することよりも着付け、ヘア、メイクなど費用をかけて、振袖など、着物を着用していくことが、新郎新婦、ご両家にとっても結婚式そのものが、華やかになるため、お喜び頂けているようです。
結婚式の主人公は、新郎新婦です。ご友人に対しての気遣いとして、事前に相談して、ご友人の反応を伺うことも大事だと思います。

《髪のセットは控えめに》
やはり、結婚式の主人公は新郎新婦ですので、ゴージャスなヘアスタイルと髪飾りは不適切です。
着物のヘアスタイルは、シンプルにまとめて、髪飾りはかんざしを挿すと上品なヘアスタイルになります。

着物の選び方

多くの30歳前後の未婚女性は振袖を着ることをためらいますが、成人式のときに仕立てた振袖をそのまま着用される方もいらっしゃいますので、問題はありません。
とはいえ、上記の通り結婚式の主人公は、新郎新婦のため、特に新婦より派手なものは避けるべきです。
また、黒留袖も新郎新婦の親族関係者が着ることが多いため、友人として出席するのであれば控えるべきです。
友人として出席する場合、大振袖を着てはいけないと言われることもありますが、実際は、柄があまりに派手過ぎなければ着ても良いとされています。
振袖以外では、一つ紋の訪問着や色留袖がおすすめです。

着付けの注意点

着物の着付けは、上手な人にお願いするに越したことはありません。
親戚や知人、髪のセットをする美容院の美容師の方も着付けをしてもらえますので、着物の着付けは妥協せずにきちんとしましょう。
着付けのときにフェイスタオルを何枚か使用します。その他にも必要な小物が意外とたくさんあります。
当日余裕を持って結婚式へ出席するために、着付けをお願いする方へ事前に小物類の確認をしておくと良いです。

当店はオリジナルの髪飾りを制作しており、振袖、留袖、袴、浴衣に合わせる和装の髪飾りの通販をしております。
着物で結婚式に出席する際にふさわしい、小振りのさがりが上品なかんざし、素焼きの香りボールがついたかんざしなど、多数の商品をご用意しております。
あなたのお手持ちの着物に合う髪飾りを、当店の商品から是非お探し下さい。

Return Top